headband
逆食の症状
HOME >> 胸焼けとゲップが同時に現れたら?

胸焼けとゲップが同時に現れたら?

逆流性食道炎と非びらん性胃食道逆流症
ある程度の年齢になりますと、朝の起き抜けに胸焼けがするなどということは、それほど珍しいことではないですよね。

また、ゲップがよく出るということもまた、珍しくはないと思います。ただ、この両方の症状が同時に現れるようであれば、これは注意が必要になります。


この場合、実はある病気が隠れているあるんですね。その代表的なケースが“胃食道逆流症”なのであります。また、胃食道逆流症には種類が二つありまして、それが“逆流性食道炎”と“非びらん性胃食道逆流症”なのであります。

逆流性食道炎とは、食道の粘膜が胃酸あるいは十二指腸液の逆流によって、ただれたり炎症を起こす疾患のことです。それに対して、非びらん性胃食道逆流症は、ただれや炎症がみられないにも関わらず、逆流性食道炎と同じような症状が現れるのであります。


注目を集める非びらん性胃食道逆流症
最近、この非びらん性胃食道逆流が注目を集めておりまして、胸焼けの症状で病院を訪れる方の多くは、非びらん性胃食道逆流症ではないかと考えられているからなのであります。その患者が占める割合は実に60〜70%にも上るんですね。

ということで、胸焼けやゲップという症状のみられる方は下記のチェック項目で確認してみることをお勧めします。気になる方は、ぜひ確認してみてくださいね。

【胃食道逆流症のチェック項目】
(1)胸焼けの有無
(2)頻繁にゲップが出る
(3)前屈みの姿勢を取ると胸焼けがする
(4)腹部膨満感がある
(5)食後に気持ち悪くなる
(6)食べ物を飲み込む時につかえたりする
(7)喉に異物感がする
(8)胃もたれがする
(9)食事をする時、すぐに満腹感を覚える
(10)胃酸がこみ上げてくる


※こちらに続きます。
>>>胃食道逆流症のチェックをしましょう(準備中)

pagetop

症状

原因

治療

予防

Copyright(C) 2012 逆食の症状と治療 All Rights Reserved. FX Online Japanとは