headband
逆食の症状
HOME >> 胸焼けの症状〜胸の痛み〜

胸焼けの症状〜胸の痛み〜

心臓病と胸の痛み
病気の症状というのは、多くの場合人それぞれで個人差があるものです。胸焼けの症状もまた同様で、異なった自覚症状が現れます。

それでは胸焼けになると、どのような症状が出てくるのでしょうか?

胸焼けになりますと、胸に痛みという症状が現れることもあります。当然のことながら人間は初めて体験して戸惑う出来事があったりしますが、胸焼けを初めて体験した方は、時折心臓に痛みという症状が現れたと思い違いをするケースもあったりします。


アメリカのデータではありますが、胸の痛みで病院を訪れる患者さんの中で、心臓病と診断された方は20%以下だったそうです。

そして80%以上の方は、他の病気が原因となって胸に痛みという症状が現れていたということ。その80%の中の多くは、逆流性食道炎や胃食道逆流症からくる胸焼けの症状なのであります。


心臓の痛みと勘違いすることも
逆流性食道炎の主な症状と言えば胸焼けをあげることができます。そして胸焼けは、胃が影響を及ぼしていますので酸っぱい液体が上がってきます。

この酸っぱい液体の正体は胃液ですので、胃液と聞いただけでも口の中が苦くなってしまう方がいらっしゃるかもしれませんね。

また、胃液を酸っぱいというよりも苦いと感じる方もいらっしゃいます。口の中が酸っぱいと感じるわけですから、胃液は口までも逆流していることになります。


そうすると当然、胃液は食道も通過しますので、食道も痛めることになります。この時に現れる食道の痛みが心臓からくるものと勘違いしてしまうこともあるのです。

ちなみに本当に心臓が痛いということであれば、かなり深刻な病気の可能性もありますのでお気をつけ下さい。


※こちらに続きます。
>>>胸焼けの色々な症状

pagetop

症状

原因

治療

予防

Copyright(C) 2012 逆食の症状と治療 All Rights Reserved. FX Online Japanとは