headband
逆食の症状
HOME >> 胃もたれをマッサージで改善する方法

胃もたれをマッサージで改善する方法

※「胃もたれを解消する方法」からの続きです。

副交換神経を刺激するマッサージ
消化不良が原因の胃もたれを解消するために、最も手軽で簡単な方法は「消化管機能改善薬」を服用して胃の蠕動運動を促進してあげることです。

ただそうは申しましても、中にはあまり薬を飲みたくないという方もいらっしゃると思います。

そんな方にはマッサージを行うことで胃もたれの症状を改善できる場合もあります。マッサージを行うことで副交換神経を刺激してあげるんですね。

副交換神経を刺激してあげると胃の蠕動運動が活性化されます


【胃もたれを改善するマッサージ】
(1) まずご自身の指先を肋骨の下に軽く添えて下さい。
(2) 指先を肋骨に沿って外側に向かって這わせます。
(3) (2)の動きを4〜5回繰り返して下さい。
(4) 胃の裏と覚しきところを親指の腹で押して下さい。
(5) 親指を腰までなぞってからへそのところまで滑らせます。
(6) (5)の動きを4〜5回繰り返します。

以上のようなマッサージを行うことで、胃の蠕動運動を促進することができます。


胃を冷やしてはいけません
また胃もたれの症状のある時は、胃を冷やしてはいけません。特に夏場は冷たいものが飲みたくなるものですが、冷たい物を飲むことで胃の機能が低下して胃酸の分泌も少なくなってしまいます。

このような時は、暖かいものを飲むようにしましょう。

胃がもたれている時というのは、食欲も低下していると思いますが、そんな時は大根がおススメです。

大根には「ジアスターゼ」と呼ばれる酵素が含まれておりまして、この酵素には胃のもたれや胸焼けを改善する効果があると言われています。

pagetop

症状

原因

治療

予防

Copyright(C) 2012 逆食の症状と治療 All Rights Reserved. FX Online Japanとは