headband
逆食の症状と治療
HOME >> 逆食を市販薬で治療する?

逆食を市販薬で治療する?

逆食に効果のあるH2ブロッカー
逆食(逆流性食道炎)の特徴的な症状の中に、胃のむかつき、胸焼け、吐き気、息苦しいなどといったものがあげられるわけでありますが、正直申しましてこのような気分の悪い症状が毎日のように現れてきたら、本当に陰鬱な日々を過ごすことになってしまうと思います。

このような逆食の症状を改善してくれる市販薬も、色々な種類のものがドラッグストアなどで販売されております。


そんな市販薬の中でも、特に名前の知れ渡っているものにH2ブロッカーがあります。H2ブロッカーは、胸焼けの解消、あるいは症状の緩和に有効であるとされております

H2ブロッカーの入手方法には、病院や診療所で処方してもらうか、または薬局で市販薬を購入するかどちらかですね。


市販薬のガスター10
H2ブロッカーの代表的な市販薬としましては、ガスター10があります。ただ、同じH2ブロッカーと言いましても、多くの市販薬は成分の配合されている量に違いがあります。

もちろん、市販薬の方が配合されている量が少なかったり、あるいは弱いタイプのものが使われているケースが多い遠いことです。

市販薬は簡単に購入することができますので、安全面を考えれば当然のことですよね。


ただ、そのために症状に対する効き目が異なるのも仕方のないことではないでしょうか?

それでも市販薬の服用で、逆食の症状である胃痛や胸焼けをその場しのぎになるかもしれませんが軽減させることはできるでしょう。

しかし、例え症状が軽減されたとしても、逆食が治ったというわけではありません。


※こちらに続きます。
>>>逆食治療の各種市販薬

pagetop

症状

原因

治療

予防

Copyright(C) 2012 逆食の症状と治療 All Rights Reserved. FX Online Japanとは