headband
逆食の症状と治療
HOME >> 逆食と漢方での治療

逆食と漢方での治療

体質改善から始める漢方
逆食、正式名称を逆流性食道炎と言いますが、この疾患を治療するためには何種類かの方法があります。

その中の一つに漢方薬を服用するという方法があるわけです。

西洋医学と言えば、その目指すところとして対症療法的に症状の改善を促進するという側面を持っておりますが、それに対して漢方は体質改善のような大元の原因から治しいくという目的があります。


それは逆食の治療におきましても同じでありまして、例えば西洋医学では逆食の治療のために処方される薬は、胃酸の分泌を抑制させる、あるいは中和させるような働きのあるものです。

それに対して漢方では、自己治癒力であったり免疫力などをアップさせて健康な食道や胃にすることに主眼をおいているわけであります。


血流促進、鎮静、消炎効果のある漢方
漢方薬の効能には、血流促進効果や鎮静効果、そして消炎効果などという個々に特有のものがあります。

これらの漢方薬を用いることによって身体的に問題のある点を改善して行くことになります。

ということは漢方薬の効果は徐々に現れていくことになります。つまり逆食の治療に限ったお話ではありませんが、漢方薬には即効性はないということです。


漢方薬の服用を長期間に渡って継続することで、やがては少しずつではあっても体質にも変化が現れて逆食の症状も快方に向かっていくわけです。

ただし、漢方薬を利用されている方の声を聞きますと、長期間に渡っての薬の服用は、薬代という経済的な問題が発生する可能性もありますね。


※こちらに続きます。
>>>逆食に効果のある漢方薬

pagetop

症状

原因

治療

予防

Copyright(C) 2012 逆食の症状と治療 All Rights Reserved. FX Online Japanとは