headband
逆食の症状と治療
HOME >> 逆食の原因

逆食の原因

※「逆食と胸焼け」からの続きです。

食生活に問題がある
逆食とは、強力な酸である胃酸や十二指腸液が逆流して食道の壁が刺激を受けてしまい炎症を起こすことによって引き起こされます。

さてその逆食の原因とはなんなのでしょうか?テレビの胃腸薬のCMなどでも見慣れているかもしれませんが、お酒をたくさん飲んだり、脂っこいものばかりを食べるというシーンが放映されますよね。


そのような食生活が、逆食に多大なる影響を与えているわけです。特に暴飲暴食などはもってのほかですよね。

そもそも胃と食道の間には括約筋という筋肉がありまして、本来であれば横隔膜と共にふたのような働きをして逆流しないような体のつくりになっております。

ところがこの括約筋が、しっかりと閉まらなかったり外れてしまうなどして逆流してしまう病気が逆食です


逆食の原因
このような逆食の原因となる食生活については次の通りです。

(1)暴飲暴食
(2)脂肪分のたくさん含まれている食事内容
(3)お酒の飲み過ぎ
(4)香辛料に代表される刺激物の摂取



以上のようなことから考えられることと言いますか、これは従来から言われていることかもしれませんが、欧米風に食生活が変化したことによって逆流性食道炎を発症する人が増えたということになりますね。

これらのこと以外にも、現代人にとっては色々な病気の原因にもなっているストレスがあります。

また、喫煙率がかなり下がってきているとはいえゼロではないわけでありまして、タバコを吸う人も発症する危険が常につきまとっているわけで逆食の原因になります。

pagetop

症状

原因

治療

予防

Copyright(C) 2012 逆食の症状と治療 All Rights Reserved. FX Online Japanとは